2016年01月03日

野生下に生息しているレッサーパンダは、わずかに5000~7000頭程度。絶滅危惧種(EN)指定動物。

小さい方のパンダがレッサーパンダ。

昨年末静岡県の動物園で3度目の脱走を試みニュースで騒がせたレッサーパンダのスミレ(雌4歳)。その愛くるしい顔立ちから全国的にも人気の動物だ。

 

kzU9XJnT_b3Eb5EZeWxZy7-9l-pvtW9JO2kUUTgosCU

引用元:毎日新聞

 

レッサーパンダは森林や竹林に生息の樹上で生活している。夜行性もしくは薄明薄暮性で昼間はあまり活動しない。食性はタケノコや昆虫、果物などを食べている。

 

 

野生下に生息しているレッサーパンダは、わずかに5000~7000頭程度と推測され、レッドデータブックでは絶滅危惧種(EN)に指定されているそうだ。

 

 

我が家でもレッサーパンダは娘が初めて選んだぬいぐるみとして娘の子守役として大活躍。

IMG_4795

 

就寝時にはこうして抱きかかえて寝るのだ。ぬいぐるみでも愛くるしい顔をしているわけで・・

IMG_4797

娘の安定剤でもあり、良き友だちでもある。

 

 

全国の動物園でこのレッサーパンダに会える施設はこちら↓↓

http://doubutsuen.net/animal/lesser-panda.html

 

 

ジャイアントパンダに比べると全国区ではなさそうだが(実際筆者もその存在に注目するようになったのは娘が生まれてからだ)、なんとジャイアントパンダよりも先に発見されていたそうだ。中国語では、ジャイアントパンダを「大熊猫」、それに対しレッサーパンダは「小熊猫」と書く。初めはレッサーパンダは単に「パンダ」と呼ばれていたが、後にジャイアントパンダが発見されて有名になると、単に「パンダ」といった場合はジャイアントパンダの方を指すようになってしまったようだ。このため、従来のパンダの方には「小さい方の」という意味の英語「レッサー」(lesser)を付けて、レッサーパンダと呼ぶようになった。遠目で見るとその勇姿はアライグマと勘違いしそう(実際肌の色や大きさも似ている)。

 

 

 

こんなサイトも存在しているようだ。

http://lesser-panda.ropross.net/

 

 

ジャイアントパンダほどの認知はないものの、全国区でその人気の高さも裏付けされてますね。男の子にはライオンや象などジャングルの王様が人気のようだが、女の子には愛くるしいこのレッサーパンダを動物園で見せてあげることをオススメする。