2016年05月04日

近年のGWは夏日を観測することが多くなりました。

ゴールデンウイークはもう夏日の気温です。

ゴールデンウイークは家でゴロゴロ。

 

 

外出してもどこもかしこも人混みです。

夕方のニュースを見ていても帰省ラッシュが始まりました、などと毎年目にする光景。

主要な高速道路は軒並み30〜45kmの渋滞を記録します。

それでもお出掛けするというのですから、日本人はほんと辛抱強いと思いませんか。

 

 

さて、高速道路の渋滞情報と並行して気になったのが、

日本全国の気温です。

こちらも軒並み夏日を観測する地域が多く、近年の5月(ゴールデンウイーク)は毎年気温が上がっている気がしてなりません。最早春の季節とは言い難く、夏の季節に括ってもおかしくはないかもしれませんね。

 

 

 

そんなことで我が家では昨夜家の外で花火をしました。

もちろん2016年初の花火です。

撮影は全て2歳の娘が担当。中々趣のあるシチュエーションで良く撮れていました。

 

IMG_5675IMG_5674

 

風も強く火をつけるのも一苦労でしたが、親子で優雅なひと時を過ごすことができました。

 

IMG_5667

 

 

で、ふと思いました。

花火はゴールデンウイーク前半に田舎から爺じが来ていた時に娘のために購入してくれたものなのですが、5月の前半にホームセンターで平気で売っているということ自体、世間的にも5月は夏の季節と括られているということでしょうか!?

 

 

おまけに、、

IMG_5703

 

線香花火・・・

 

 

今年のゴールデンウイークは我が家は家の近所で過ごすことにしています。

 

それでも家族で僅かな時間の花火を楽しめる幸せ。

いま熊本ではとても大変な事態になっています。

昨夜も子どもたちが夕飯をだらしなく食べていたので叱りました。

 

 

食べたくても食べられない子どもたちがいること。

眠りたくても(地震が怖くて)寝付けない子どもたちがいること。

 

 

 

食べるものも寝るところも普通になるということが、どんなに幸せなことなのか・・・

普段はこんなこと考えないですよね。

 

 

 

今回の九州地方の大地震は、

改めて地震大国日本の危機的な現状を顕著に教えてくれました。

家族が当たり前のように無事でいること、

明日も普通に目覚めることができるということ、

ささやかな幸せですが、

これらは実は、掛け替えのない幸せなのです。