2016年05月15日

日本を悲観するなかれ・・日本はずっと日本!

日本は建国以来ずっと日本

来たるべき高齢社会に待機児童などの保育問題による女性の社会進出へのハードルが高い我が日本。経済も停滞気味でお先真っ暗と言われているが、実は日本という国は世界的にもみて凄い国ということがわかった。

 

 

何が凄いか!?

 

 

日本は過去も今も未来もずっと日本なのである。

 

 

つまり日本は、建国して以来ずっと日本なのだ。

 

 

スクリーンショット 2016-05-14 13.45.09

 

Twitterユーザーのマックさ(@uglykid_joe)が投稿した、こちらのツイートをご覧ください。

 

 

この年表を見てみると、国名が変わるなど各国さまざまな遍歴を辿っている。

 

しかしいちばん下の「日本」だけが、建国以来ずっと日本で居続けているのだ。

 

日本は現存する「世界最古の国」なのだ。

 

誇りに思って良いだろう。

 

過去の指導者や天皇陛下、それを取り巻く官僚たちはさることながら、

我々のご先祖様が必死になって守ってきた国、それが日本だ。

紀元前660年に神武天皇によって造られた「日本」。

過去から現在に至るまで神武天皇の子孫に天皇が受け継がれ、君臨してきました。

 

戦国時代に大名同士の対立で紛争が起きていた時なども、日本という国はそのまま日本。

 

 

小学校や中学校ではこの基本的なことはあまり教えられることはない。

だから親たちが子どもに是非教えてあげてほしい。

過去植民地にもならず、独自の政策で国であり続けてきた日本。

如何なる国にも支配された経験がない。

 

 

まだまだ将来を悲観するには早すぎるかもしれない。