2016年09月02日

幼児教育にオススメ!な”凹凸ぬりえ”

幼児教育にはもってこい!の1冊。

IMG_6212

 

何だと思います?

 

白地になにやら凹凸がついていて、”いちご”と”バナナ”と書かれてあります。

 

実はこれ、「ぬりえ」なんです。

 

幼児向けに凹凸面を手で触り形を確かめ、その上に色を塗って遊びながら学ぶという本なのです。

 

IMG_6211

 

ほら、こんな風に・・。

 

 

知人から娘用にと頂きました。

 

 

でも3歳児の娘はまだどうしていいか分からず、親の手ほどきが要りそうです。

 

 

IMG_6214

 

表紙には同じ凹凸に色が塗られていてヒントは隠されているのですが、これをヒントと捉えることは中々難しいかも。

 

 

今度の休日娘と一緒に楽しみたいと思います。

 

 

この本、コクヨから出版されていて、街の本屋さんでも購入可。その名も「凹凸(でこぼこ)ぬりえ」。

 

イラストが凸凹になっているボードブックです。
色鉛筆で表面をこすると絵が浮きでてきます。
子どもの大好きなあそびを1冊の本にしました。

 

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/ehon/artscrafts/post-110.html

 

発想が面白く、幼児が学ぶには確かに良いかもしれません。

学ぶというよりは遊ぶに近い発想ですね。

子どもは学ぶという意識よりも遊びながら覚える生き物です。

流石コクヨさん、痒いところをついてきますね。

 

 

続きは、色の塗り足しを済ませてからお届けいたします!

 

 

因みに息子用にも本をいただいています。

そちらも作りながら学ぶというテーマの本です。

 

 

次回乞うご期待!