2016年07月11日

学校、幼稚園など保護者会のシーズン。こんな挨拶されたら・・困ります。

保護者会の挨拶は和やかな雰囲気を壊さないように配慮すべき

先週妻から聞いた話。

 

息子の小学校の保護者会が開催されたそうだ。

 

基本的に保護者は全員出席が義務付けられている。

 

特に入学して最初の保護者会は大切なもの。

当然自己紹介など簡単な当たり障りのない挨拶も必要になる。

 

「◯◯の母です。うちの子はいま、◯◯に興味があり、家では◯◯をさせています。初めての宿題に戸惑いながら、無事に3ヶ月を過ごせました。これからも皆さん、よろしくおねがいします。」という具合に簡単な1分間挨拶なら大歓迎だ。しかも隣に座った人が相槌や会釈に困らないレベルの会話が求められる。あくまでも和やかな雰囲気が求められるのだ。

 

 

しかし、もしも・・こんなこと話されたりしたら、、、

 

 

ただいま夫婦喧嘩の真っ最中でして・・主人とはかれこれ3ヶ月間会話をしていません。今年まだクーラーをつけていないので、家の中はすごく蒸し暑いはずなんですが、夫婦仲はキンキンに冷えきっているのでそんなに暑さを感じません。なので・・今年の夏は節電できそうです・・・ふふっ

 

 

ボケ?

笑うべき?

でも笑えない!

 

さらにこんな締めの言葉・・

 

皆さんの楽しい自己紹介を聞いて気分が少し明るくなりました。皆さん幸せそうでいいですね・・

 

結婚って難しいですね。今年中に結論が出そうです。

◯◯の母でした。よろしくお願いします。

 

 「ハルコとゆかいな仲間たち」というブログから引用させていただきました。

 

 

しかしもはやこれは笑えません。

くれぐれもこんな挨拶は控えましょうね。

 

 

和やかに、微笑ませる。これが保護者会での挨拶のマナーです。