2016年03月06日

大学3年生~大学院2年生に聞きました。大学1~2年の過ごし方、後悔してる?

大抵後悔していると答えると思います。

大学3年性〜大学院2年生645人のアンケートを紹介。

大学1〜2年生の過ごし方、後悔してる?

引用元:学生×シゴト総研

 

 

大学3年生~大学院2年生に、大学1~2年の時の過ごし方で後悔していることがあるかどうかを尋ねたところ、65.4%が「はい」と回答したそうだ。

img_souken_graph01_vol324

 

具体的にはどんなことを後悔しているかを羅列してみました。

 

●専攻分野の理解をもっと深めておくべきだった。そしてもっとさまざまな本に触れ、活字に強くなっておくべきだった。(法文学部4年・男子学生)

 

●ボランティアなど就活で役立ちそうなことをしておけばよかった。暇ならバイトをして貯金しておけばよかった。(大学院先進理工学研究科1年・女子学生)

 

●空いている時間に資格取得にもっと前向きになるべきだったこと。今になって焦っている。(経済学部3年・男子学生)

 

●長期休暇中に教習所に通ったりして有意義に過ごせばよかったと悔やんでいます。バイトもしておけばよかった。(経済情報学部4年・女子学生)

 

●大学の夏休みと春休みを勉強の復習をせずすべてバイトに充てていたこと。(薬学部4年・男子学生)

 

●サークル活動にほぼすべての空き時間を費やしたため、ボランティアやアルバイトなど、自分が興味を持っていたほかのことに挑戦できなかった。(人文学部4年・女子学生)

 

●短期でもいいから海外留学しておきたかった。(大学院法学研究科2年・男子学生)

 

●授業に出て単位を確実にとっておくべきだった。(総合政策学部3年・女子学生)

 

●TOEIC(R)テストやそのほかの資格勉強について、全力を尽く して勉強したとは言えないため、遊びの時間を削ってでも行うべきだったと後悔している。また、学内サークルだけでなくインカレサークルにも参加して、人脈 を広げておくべきだった。(総合情報学部4年・男子学生)

 

●部活動に時間を割きすぎた。留学やインターンシップなど、将来を見据えた活動もすべきだった。(法学部4年・女子学生)

 

●TOEIC(R)テストを受けておくべきだった。公務員講座も受けておくべきだった。(経済学部4年・男子学生)

 

●2年生の時に新しいバイトを始めなかったことや、地域の行事やイベントに参加していなかったことが悔やまれます。そして、彼氏を作るために、積極的に新しい人に出会おうとしなかったことを全力で後悔しています。(経済学部3年・女子学生)

 

 

まあ大抵は後悔してますよね。そういうものです。

逆に満足している人って凄いし充実してたんでしょうね。

 

 

でもですね、長い人生、社会に出てからでも充分間に合いますし、

これだ!と思うものを1つ2つ身につけておくだけで充分です。

 

 

専門の専攻通りの職業に就くかどうかもわからないですし、

社会に出て学生時代に学んだことと全く違うシゴトに就いている場合も多々有ります。

何が有益で何が無益かなんて、学生時代はわからないものです。

 

 

何回か学生をやり直す人は例外として、

大抵の人はたった1回切りの大学生活になると思います。

その時の知人友人にも触発されるでしょうし、社会事情にも大きく左右されます。

何事も真摯に向き合い何かを得ようとする意欲だけは大切にしてください。

 

 

長い人生、何が起こるかわかりませんから。