2016年09月05日

何時何度も、車のスマートキーの”電池”スペアは大丈夫ですか!?

車のスマートキーの電池のスペア、お持ちですか?

まだまだ残暑厳しい最中、如何お過ごしでしょうか。

本日は五十日(ごとうび)ということもあり車での移動される方も多いことと思います。「五十日(ごとうび)」とは - 毎月5日、10日、15日、20日、25日、月末を指す言葉で車利用者の間ではもはや常識となりつつあるキーワード。放置している車中は気温50度以上とも言われています。万が一小さな子どもさんを放置していたりしたら最悪の事態になる温度です。

 

 

今回は、車のスマートキーについての話。

もし放置している車に戻り鍵が開かなかったら??という想定の話です。

インロック(ドアロックとしてしまい、しかも鍵が車の中・・)というシチュエーションは近年減少傾向にあると思いきや、JAFの稼働中最も多いトラブルであることは以前触れましたね。スマートキーが主流になる前はそういう類の話も多かったです。若しくは鍵を無くしてしまい車を開けることができないとか・・。しかし現在の車はスマートキーに大方変わっているため、インロックするという心配よりもこちらではないでしょうか!?

 

 

IMG_6230

スマートキーをこじ開けると中身はこんな具合になっています。丸いリチウム電池を確認することができるかと思います。私事で恐縮ですが、最近電池が少ないのか、偶にドアが開かないケースが生じています。だからスペアは欠かせない!

 

 

 

 

スマートキーの中の電池切れ!!

 

 

筆者は中に入れるリチウム電池のスペアを常に携帯しています。

財布の中とかに一つ入れておけばひとまず安心。

そして車の中にももう一つ。これで二重の安心。

 

 

 

 

 

用心深い?いえ、そうじゃないんです。

もし、スマートキーの電池が切れていたら車の鍵が開かないというケースも生じるのです。

そういう最悪のケースを避けるための対処法なのです。

 

 

これ、意外にバカにできないんです。

何せ前回スマートキーの電池を交換したのが1年経っていないのではというターニバルなのです。

当時挿入した電池は、何故かアルカリではなく普通の電池でした。

だから持ちも少ない。筆者の場合1日に開け閉めする機会も普通の人よりも多い方なのでその分電池の減りも早いはず。

いざという時、開かない車なんてただの動かない機械と一緒。

 

 

さあ、悪いことは言いません。

鍵が開かないことでJAFの手助けを受けないように、今日からスマートキーの電池のスペアを常備しましょう。