2016年07月07日

今日は何の日:7月7日は七夕と・・・

川の日=7月7日 → 祝日にしたら人口増加につながらないか?

今日は七夕です。そして暑さも本格的になる時期です。今年の夏も思い切り暑さに悩まされることでしょう。

 

さて、改めて七夕の説明をするわけでもなく、それ以外に今日は何の日?ということを調べてみました。

 

2つチョイスします。

 

 

1)川の日

国土交通省が平成8年(今から20年前)に制定したそうです。理由としては、7月7日が七夕伝説の「天の川」のイメージがあること。7月が河川愛護月間であること。季節的に水に親しみやすいからだそうだ。しかし「山の日」と違って別に休日でもなんでもない。働く大人たちには別段なんら変わらない普通の平日だ。でもこの「川の日」、実は読売ONLINEのアンケートでは、次に祝日を制定するなら・・というランキングでなんと1位を獲得していたのです。因みに以下の順位はこうです。2位「雨の日」、3位「猫の日」、4位「動物の日」、5位「水の日と体を休める日」・・・

将来的に七夕の日が休日になれば、カップルたちも盛り上がり、子どもの数にも影響してくるなんて、淡い期待もできなくはないですが、既に海の日なる休日が7月にはありますから、実現は難しいかもしれませんね。

しかもアンケートでは、祝日を設けるなら、唯一祝日がない月になる6月に!という意見が多かったそうです。

 

 

2)カルピスの日

1919年のこの日に、ラクトー(現在のカルピス)が乳酸菌飲料のカルピスを発売しました。子どもは大好き!大人でも美味しく飲める日本を代表する飲料水です。

http://www.calpis.co.jp/