2016年06月01日

デニーズのコーヒー、店舗によりまちまちな対応

店舗によりサービス方法も値段もマチマチなのです。

お互い車両付きの移動で相手と打ち合わせする場合など、街のファミレスを選択する。その代表格がデニーズだ。筆者が良く利用する店舗は3店。

 

その際決まって注文するのがコーヒーではないでしょうか。

 

ただデニーズのコーヒーのシステムも店舗により様々なようだ。

 

まず、ドリンクバーを設置している店舗。金額は324円(税込)。

お代わりしたければ自分でどうぞ・・というシステムだ。

ただネットで見たところ、このサービスを廃止する方向を打ち出しているようだ。ただ正直このシステムは、打ち合わせ中に抜け出すのも相手に失礼だし、大人にとっては少々面倒。筆者が利用する3店舗のうち1店舗が該当する。そしてお値段も何故かこの店だけ324円(1杯注文時:お代わり自由)。

 

そして残りの2店舗が店員さんが定期的にお代わりを入れに来てくれる店舗。金額は256円(税込)と235円(税込)。なぜに値段が違うかは不明。

ただ微々たる金額なので気にしたことは無く、打ち合わせに支障を来すこともなく定期的にコーヒーのお代わりができるので重宝している。

 

ただ残念なお知らせも。

店舗により、お代わりのコーヒーにも追加料金が課されてきているそうだ。

打ち合わせを2時間も行えばお代わりする回数も3回以上(人により5杯以上!)はカウントするだろう。

そうなると、味わい的にはお世辞にも美味しいとは言えないデニーズのコーヒーも安くて打ち合わせに重宝できるスポットというイメージがなくなりそう。

 

 

他の店舗に関しては利用機会も早々ないので把握してはいないが、恐らくマチマチな気がする。

 

 

最近都心郊外への業務の活動範囲を広げているので、気が付いたらまたレポートします。

 

 

しかしデニーズに行った後思うこと。

白ヤギ珈琲かコメダ珈琲に行きたいなぁ〜・・・