2016年04月06日

タンス貯金増対策?1万円札って年間どれくらい印刷されるのだろうか?

1万円札は12兆円分印刷されるそうだ。

財務省は、2016年度に印刷する1万円札を前年度より1億8000万枚(1.8兆円分)多い12億3000万枚(12.3兆円分)とする計画を決めた。1万円札の印刷枚数はここ数年、年間10億5000万枚で横ばいだった。日本銀行が始めたマイナス金利政策の影響で利息が低下した銀行預金ではなく、自宅などで現金を1万円札で保有する「タンス預金」が増えているようだ。

引用元:YOMIURI ONLINE

 

凄い数字です!

しかし日本のタンス貯金とやら、マイナンバーの開始で資産を国に把握されたくないなど益々拡大の予測が立てられています。

そんな中1万円札の生産の話が浮上し、しかも12.3兆円分とは何とも気の遠くなる数字です。

 

 

逆に面白いのが、5000円札は8000万枚、1000円札は1億枚印刷数を減らすのだとか。

日銀の2月のマネーストック速報によると、世の中に出回っている現金の量(月中平均)は、前年同月比6.7%増の90兆3000億円で、13年ぶりの高い伸び率だったそうだ。

特に1万円札が6.9%と大きく伸びて、5千円札の伸びはわずか0.2%だった。

 

 

我が家の周りには1万円札が出回っていないのが気にかかるが、

日本社会レベルではそんなことない。

 

 

こうした数値もアベノミクス効果とやらでもてはやされている一因にもなっているのだろう。

 

 

しかし、現在の日本の借金は1035兆3742億円です。

今年12兆円の1万円札を印刷しても到底追いつけない数字ですな。