2016年05月29日

アライグマの捕獲数が、近畿2府4県で急増!

あらいぐま・・実は気性が激しく、好奇心旺盛で獰猛!

農作物を荒らす特定外来生物のアライグマの捕獲数が、近畿2府4県で急増しているそうだ。

 

12年前には約1100頭だった数が、2年前には約11700頭となんと10倍近く跳ね上がっているらしい。

 

荒らされた農作物の被害は、約1億4200万円!

 

1977年にテレビアニメ「あらいぐまラスカル」が放映されて人気が高まり、以後、ペットとして盛んに輸入されたのがそもそもの悲劇の始まり。

 

 

大阪府動物愛護畜産課によると、国内には天敵がいない。繁殖力が強く寿命は5年程度で、毎年春に3~6頭ぐらいの子を産む。甘い物が好きで、大阪府内ではスイカ、ブドウ、トウモロコシなどが食い荒らされている。

兵庫県の捕獲数は98年度の2頭から14年度は5121頭に、大阪府は01年度の3頭から14年度は1590頭に跳ね上がった。全国で13年度に捕獲されたのは約23000頭で、近畿が約9000頭を占めた。なぜ近畿が多いのか、理由はよく分かっていない。

引用元:Yahooニュース

 

 

もの凄い数ですね。

 

元来アライグマというものは、気性が激しいらしい。

そして好奇心旺盛とも。

なんて言っても人間が住む住居にも平気で上がってくるのだそうだ。

で、亀、カエル、鳥の卵のほか、サンショウウオなどの希少種なども食べ、生態系にも害を及ぼすそうだ。

 

 

 

我が娘も先月まで見せていたDVD「あらいぐまラスカル」の影響で、犬猫ではなく、あらいぐまを家で飼いたがっている。

 

 

でも冗談じゃないですね。

ラスカルは特別おとなしかったのです。

動物園などで飼育されているあらいぐまも、元来動物園で生まれたもの。

だから見た目おとなしく、愛らしいのだろう。

 

 

 

今は2歳娘の夢を壊さないでおいて、

もう少し大きくなったら色々話してやりたいと考えています。